セミナー

西村あさひ法律事務所リーガルフォーラム第123回

最新台湾法セミナー

- 会社法、労働法、競争法およびM&A 法制を中心に 申込終了
日付
2019年4月18日(木) 14:00~17:30(13:30受付開始) 17:30~レセプション
会場
西村あさひ法律事務所内サンライズ・ホール 大手門タワー10階
弁護士等
朱百強曽更瑩呉志光川合弘造内間裕井垣太介孫櫻倩
イベント
主催者
西村あさひ法律事務所
共催者
理律法律事務所(Lee and Li, Attorneys-at-Law)
業務分野
クロスボーダーM&Aその他一般企業法務独占禁止法/競争法全般労働法アドバイス台湾

 日本と距離的に近く、IT分野を中心に産業クラスターが集積しグローバルな競争力を有する企業が多数存する台湾は、日本企業にとって戦略的シナジーの期待できるビジネスパートナーとして、また古くて新しい投資先として、今再び注目を集めています。台湾の法制度は日本法とも比較的親和性が高く、日本企業からみてもコンプライアンスや予見可能性の点で投資しやすい環境にあるといえますが、それ故逆に見落としがちな相違点が思わぬ落とし穴になるといった例も散見されます。

 そこで本セミナーでは、台湾で最大の法律事務所である理律法律事務所(Lee and Li, Attorneys-at-Law)より各法分野における専門弁護士を招き、近時の台湾における法改正や実務運用も踏まえ、西村あさひ法律事務所の弁護士とともに、日本企業が台湾への進出や台湾企業とのM&Aを検討される際に役立つ最新の情報をお届けいたします。

参加をご希望の方は、下記お申込ボタンよりお申込フォームにお進みください。
お申込フォームにて、事前のご質問を受け付けております。

お申込受付は終了させていただきました。

■プログラム■

14:00  ご挨拶
      保坂雅樹
      李念祖(Lee and Li, Attorneys-at-Law 所長弁護士)

14:10  台湾における一般企業法務に関するポイント
      朱百強(Lee and Li, Attorneys-at-Law パートナー弁護士)
      井垣太介(モデレーター)

15:00  台湾企業を対象としたM&Aに関する手法と留意点
      曽更瑩(Lee and Li, Attorneys-at-Lawパートナー弁護士)
      内間裕(モデレーター)

15:50  コーヒーブレイク

16:00  台湾における競争法に基づく規制のポイント
      呉志光(Lee and Li, Attorneys-at-Lawパートナー弁護士)
      川合弘造(モデレーター)

17:00  日本を拠点として活動する台湾弁護士から見た日台ビジネス(対台投資)における一般的留意点
      孫櫻倩

17:10  Q&A

17:30  レセプション
      軽食およびお飲物をご用意させていただきます。

 

受講料: 無料
対象者: 企業の法務・人事・総務・経営企画部門や、海外の事業・拠点を管理する部門の方々
同時通訳: あり

定員に達し次第締め切らせていただきます。
受付手続き完了後、2019年4月11日(木)より順次E-mailにて受講票をお送りいたします。

 *恐れ入りますが、企業内弁護士を除く弁護士、マスコミの方、学生の方、セミナー運営会社の方のご参加はご遠慮ください。
 *お申し込み多数により、ご希望に添えない場合もございます。
 *開催日時・場所・内容につきましては、やむを得ない事情により一部変更になる場合がございます。
 *会場内での録音・撮影はご遠慮願います。​

東京申込終了

日付
2019年4月18日(木) 時間: 14:00~17:30 (13:30受付開始)
会場
西村あさひ法律事務所内サンライズ・ホール 大手門タワー10階

東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー
 

関連するセミナー