弁護士等

企業の危機管理、独占禁止法/競争法対応を専門とする。

危機管理分野においては、海外公務員贈賄、製造業の品質問題、粉飾決算・インサイダー取引、相場操縦等の金融商品取引法違反、環境法令違反、反社会的勢力問題、従業員による不正行為等の案件を広く扱った経験を有しており、事実調査、行政当局・刑事当局対応(日本版司法取引への対応を含む)、マスコミ・投資家・消費者対応、原因究明、再発防止策の立案等を含む戦略的な対応を行う。

独禁法/競争法分野においては、刑事事件・行政事件を含むカルテル・入札談合案件、私的独占・不公正な取引方法等の単独行為案件、景表法違反案件等に関与し、国際カルテル等海外当局対応も数多く扱っている。また、国内外の企業結合審査、業務提携に係る公取委・競争当局対応の経験も豊富である。

個別案件を離れて、贈収賄防止体制、競争法管理体制、内部通報制度、内部監査/モニタリング等、法令遵守の仕組み作りへの助言も多く手掛けており、特に機械学習・データアナリティクス等の高度テクノロジーを活用した体制整備に通じている。

トピックス

2019年10月

実効的な不正防止体制の構築とAI・アナリティクスの活用

セミナー

2019年07月

AIに関する法規制と行政手続・刑事手続

論文

2019年06月

規制当局の調査へ備えを

論文

学歴

2004年
東京大学法学部(LL.B.)
2006年
東京大学法科大学院 (J.D.)

主な案件実績

 
個別にお問い合わせください。