セミナー

ブラジルセミナー - インフラストラクチャー分野における投資機会

日付
2018年5月29日(火) 15:30~17:00(15:00受付開始)  
会場
西村あさひ法律事務所内サンライズ・ホール 大手門タワー10階
弁護士等
伊藤真弥(講師)清水誠(講師)José R. Prado Jr.(講師)Ana Karina E. de Souza(講師)Thales Saito(講師)
イベント
主催者
西村あさひ法律事務所
共催者
Machado Meyer法律事務所
業務分野
プロジェクトファイナンス国際金融法務インフラ/PPPブラジル

ブラジルは、古くから資源・エネルギーや食料等の調達先として、また多くの人口を抱える巨大な市場として、多くの日本企業の注目を集めてきました。また、近時は政情や経済も回復の兆しを見せており、日本企業のブラジル進出およびブラジル事業に対する関心はますます高まることが予想されます。
また、ブラジルは、現在、公共部門の民営化等を推し進めており、日本企業にとってもブラジルのインフラに投資する好機といえます。

本セミナーでは、ブラジルにおけるトップファームであり多くの日本企業クライアントを抱える法律事務所であるMachado Meyer法律事務所のインフラ投資等を専門とする弁護士をお招きし、クロスボーダーのプロジェクトファイナンスの経験を豊富に有する伊藤真弥弁護士が参加してセミナーを開催いたします。

専門性の高いスピーカーがブラジルインフラ投資の最新状況を解説する貴重な機会ですので、ぜひ数多くの皆様のご参加をお待ちしております。

なお、Machado Meyer法律事務所のスピーチは英語で行われますが、同時通訳は予定しておりませんのでご了承ください。

参加をご希望の方は、
(1) 氏名 (2) 会社名 (3) 部署名・役職名 (4) 連絡先電話番号 (5)連絡先メールアドレス
をご記入の上、
BrazilInfraseminar18@eml.jurists.co.jp>宛てにお申し込み下さい。

■プログラム■

冒頭挨拶 清水誠弁護士
Machado Meyer法律事務所のご紹介 José R. Prado Jr.氏(Machado Meyer法律事務所)

1. 法改正による新たな展望 / 2017年回顧 José R. Prado Jr.氏(Machado Meyer法律事務所)
2. ブラジル投資における主な留意点 Thales Saito氏(Machado Meyer法律事務所)
3. ブラジルにおける投資機会 José R. Prado Jr.氏Ana Karina E. de Souza氏(Machado Meyer法律事務所)
4. 日本企業の視点から見た実務上の留意点 伊藤真弥弁護士

受講料: 無料
同時通訳: なし
対象者: ブラジルのインフラ投資に関心を有する企業その他の団体および個人の皆様

定員に達し次第締め切らせていただきます。

 *恐れ入りますが、企業内弁護士を除く弁護士、マスコミの方、学生の方、セミナー運営会社の方のご参加はご遠慮ください。
 *お申し込み多数により、ご希望に添えない場合もございます。
 *開催日時・場所・内容につきましては、やむを得ない事情により一部変更になる場合がございます。
 *会場内での録音・撮影はご遠慮願います。​

関連するセミナー