セミナー

N&Aリーガルフォーラムオンライン

欧州拠点開設記念 Schrems II 事件判決を踏まえたRecommendation案・新SCC案の解説と越境データ移転実務への影響

申込受付中
日付
収録日:2020年11月30日(月) 公開期間:2020年12月4日(金)~2021年2月26日(金) 17:00
会場
オンライン配信
弁護士等
石川智也(講師)
イベント
主催者
西村あさひ法律事務所
業務分野
個人情報・プライバシー/ビッグデータITシステム/クラウドEU/EU加盟国

11月30日(⽉)のライブ配信をアーカイブにて配信いたします。

 2020年11月11日、欧州データ保護評議会(EDPB)は、7月に欧州司法裁判所が下したSchrems II事件を踏まえ、EU域外に個人データを移転する際の対応ステップと、標準契約条項(SCC)等に加えて講じるべき「補完的措置」の内容を示すReccomendationの案を公表しました。
 また、翌日12日、欧州委員会は、越境移転規制に対応するための新SCC案を公表するとともに、管理者・処理者の間において締結するデータ処理契約としてのSCC案も同日公表しました。いずれも、日系企業のGDPR対応に大きく影響する内容です。
 本セミナーでは、これらの概要を説明した上で、今後の越境データ移転実務への想定される影響について解説します。

■プログラム■

欧州拠点開設記念 Schrems II事件判決を踏まえたRecommendation案・新SCC案の解説と越境データ移転実務への影響 (約100分)
1. Schrems II 事件判決のおさらい
2. EDPBが公表したRecommendation案の概要
3. 欧州委員会が公表した越境移転規制対応のためのSCC案の概要
4. 欧州委員会が公表した28条3項に基づくデータ処理契約としてのSCC案の概要
5. 越境データ移転実務への影響
6. Q&A

受講料: 無料

*視聴環境につきましては、こちらをご参照ください。

*本セミナーの録音・録画、内容や資料の無断複製・引用はお控えください。

*ご登録いただいた情報から所属先の確認できない⽅(メールアドレスがフリーアドレスや携帯アドレスの⽅等)や法律事務所所属の方等、当事務所が適切ではないと判断するお申込みについては、個別にご連絡することなくご視聴をお断りする場合がございますのでご了承ください。

オンライン配信申込受付中

日付
収録日:2020年11月30日(月) 公開期間:2020年12月4日(金)~2021年2月26日(金) 17:00 

申し込む

関連するセミナー