セミナー

N&Aリーガルフォーラムオンライン

KAMおよび会計上の見積りをめぐる実務と法的留意点 - 不確実性が高い状況を踏まえて

申込受付中
日付
収録日:2020年7月30日(木) 公開期間:2020年8月7日(金)~2020年9月30日(水)17:00
会場
オンライン配信
弁護士等
髙木弘明(講師)若林義人(講師)美﨑貴子(講師)田口祐樹(講師)
イベント
主催者
西村あさひ法律事務所
業務分野
コーポレートガバナンス会社関係争訟その他一般企業法務コンプライアンス

 KAM(Key Audit Matters)が2021年3月期から強制適用されることに先立ち、2020年3月期からKAMの任意適用が開始されましたが、直近までに開示された有価証券報告書においても、実際にいくつかの会社の監査報告書にKAMが記載されています。KAMの対象となる事項には、見積りを伴う項目も多く挙がると思われますが、現在は新型コロナウイルス感染症の影響が続いているため、会計上の見積りが難しい状況でもあります。このような不確実性が高い状況の下で、どのようにして正確な会計上の見積りをするのか、また、KAMにおいてどのような記載を行うのかについては、2020年3月期の決算に引き続き、今期も大きなポイントになると思われます。
 本セミナーでは、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大の影響も踏まえ、KAMおよび会計上の見積りについて、法的な観点から、どのような点に留意する必要があるのかについて解説します。

■プログラム■

1. KAMの概要および法的留意点 (40分)
2. 不確実性下における見積判断と法的留意点 (45分)
 

受講料: 無料

*視聴環境につきましてはこちらをご参照ください。

*ご登録いただいた情報から所属先の確認できない方(メールアドレスがフリーアドレスや携帯アドレスの方等)、当事務所が適切ではないと判断するお申込みについては、個別にご連絡することなくご視聴をお断りする場合がございますのでご了承ください。

オンライン配信申込受付中

日付
収録日:2020年7月30日(木) 公開期間:2020年8月7日(金)~2020年9月30日(水)17:00 

申し込む

関連するセミナー