セミナー

Pertinent Issues in International Arbitration and CISG Disputes

外国法パートナーのラース・マーケルトは2019年3月8日(金)に、同志社大学で開催された「Kyoto Vis Pre-Moot Seminar: Pertinent Issues in International Arbitration and CISG Disputes」を共催し、共同司会を務めました。また中原千繪弁護士は、「Assessing arbitration agreements and arbitrators’ powers」と題するセッションにおいてスピーカーを務めました。 

関連するセミナー