安全保障貿易管理

日本をはじめ主要国では、武器や軍事転用可能な貨物及び技術が、安全保障を脅かす国家やテロリスト等に渡ることを防ぐため、一定の貨物や技術について輸出等の管理が行われています。

当事務所では、こうした規制の遵守(コンプライアンス)及び違反被疑事件対応の双方において、安全保障貿易管理について企業活動を支援してきております。

また、安全保障貿易管理においては、先進国を中心とした国際的な枠組みが形成されており、特に米国の安全保障貿易管理はその複雑性、厳格性、再輸出規制(域外適用)、重大な制裁等の特徴があり、その内容の把握、遵守が決定的に重要となります。当事務所では、安全保障貿易管理の専門性を有した米国の法律事務所と連携し、日本企業の貨物及び技術の国際取引、国際移転を手厚くサポートすることができます。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター