プロジェクトファイナンス

本邦金融機関がプロジェクト・ファイナンスに本格的に取組み始めたのは、1990年代以降のアジア諸国のインフラ整備事業への融資ですが、弊事務所は、国内におけるプロジェクト・ファイナンスの勃興期から現在に至るまで、事業者側リーガルカウンセル及び金融機関側リーガルカウンセルとして幅広くアドバイスを提供しております。

 

対象プロジェクトとしては、国内においては、発電所建設プロジェクト(火力発電所のほか、太陽光、風力、バイオマス等の再生可能エネルギー)、インフラ整備プロジェクト(PFI法に基づくPFI事業を含む)、及びテーマパーク建設プロジェクトなど、幅広い関与実績があります。また、国内のみならず、海外における、LNG(液化天然ガス)開発、鉱山開発、製油所建設、IPP事業、インフラ整備事業向けのプロジェクト・ファイナンス取引に関する関与実績も有します。

 

弊事務所のプロジェクト・ファイナンス取引への関与実績及び経験は、国内法律事務所として日本屈指のものであり、また、国内のみならず海外のプロジェクト・ファイナンスに精通したリーガル・アドバイスを提供できる数少ない法律事務所です。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター

関連するニュース