製造物責任争訟

製造物責任訴訟は、メーカーのレピュテーションに直結する分野であり、関心の高まっている分野です。製造物責任訴訟において問題となる「欠陥」の有無の主張においては、対象製品にかかる専門的知識に基づいた理解が必須となりますが、当事務所では、例えば著名メーカーに勤務した後に弁護士に転職した者など、法律以外の専門分野のバックグラウンドを有する弁護士も複数在籍し、これらの弁護士と紛争分野の弁護士が協働することで、問題点の深い理解に基づき、裁判所での議論を展開しています。

更に、製造物責任訴訟においては、部品製造業者や中間流通業者、保険会社など多数の利害関係者が存する場合も多く、また、多数の消費者に販売された商品の場合などマスコミ対応も非常に重要となる場合もありますが、当事務所では、同種事件における豊富な実績を踏まえ、訴訟活動以外の点についても、依頼者に対し、総合的に必要な助言を提供しています。

関連するニュース