その他金融商品取引法違反対応

金融商品取引法の規制の中には、制度としては明快であっても、実際の運用に当たっては複雑で詳細な検討を要するものがあり、意図せず、規制に違反してしまうことも少なくありません。例えば、大量保有報告書の提出義務については、その株券等保有割合の計算等複雑な検討が必要であり、意図せず提出漏れ等が生じてしまうことがあります。

当事務所では、専門的な知識を有する弁護士が、事実調査や金融商品取引法の法解釈、金融商品取引法の違反が生じてしまった場合の対応等について助言を行います。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター

関連するニュース