知的財産争訟

当事務所は、特許権、商標権、意匠権、著作権、不正競争防止法上の権利等知的財産権の侵害訴訟や差止仮処分、特許権、商標権等の無効審判や審決取消訴訟、職務発明対価訴訟、システム開発関連訴訟等、知的財産に関する争訟に関し豊富な経験を有しています。当事務所の弁護士が関与した事件には、重要な先例として判例集に掲載され、報道されたものも多く含まれています。侵害物件に係る水際措置、ドメイン名紛争等も手がけており、また、訴訟前の交渉等も戦略的に対応しています。知的財産紛争は、日本国内にとどまらず国境をまたがる場合も増えていますが、複数の法域にまたがって提起される場合や、米国、欧州をはじめとする海外における知的財産紛争についても、関連する国や地域の弁護士と緊密に連携をとって案件処理を行っています。アジアをはじめとする諸外国での模倣品対策も積極的に対応しています。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター

関連するニュース