グローバル・コンプライアンス

近時日本企業の活動のグローバル化に伴い、海外の子会社や関連会社を含めた観点でコンプライアンスを考える必要性が高まっています。特に、海外においては、日本と比べて規制や法制度が必ずしも明確でなく当局の裁量に委ねられる部分が大きい国があったり、あるいは、違反に対する罰則が日本よりも厳しい国があったりと、各国毎に事情は様々ですので、子会社・関連会社の所在する現地の状況を正確に把握し、適用される現地の法令に対する的確な理解を深めることが不可欠です。また、海外においては、日本企業の従業員等、海外在留邦人の身柄が突然拘束されることは決して珍しくありません。当事務所では、必要に応じて外国法律事務所等と協働し、グローバルコンプライアンス体制の構築に関する助言を行っています。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター

関連するニュース