エレクトロニクス

当事務所は、伝統的な家電、電気機械、半導体やパネル等の電子部品・デバイス、情報通信機器、最近のIOT等の様々なエレクトロニクス/情報通信関連業界のクライアントに、あらゆる法律分野におけるアドバイスを提供しています。日々技術革新が進み、市場や業界再編が国際的かつダイナミックに変化し続けるエレクトロニクス業界においては、先端技術に関する専門的な知識や理解はもちろんのこと、国内外の知的財産法、競争法、外為法、各種業法、労働法、環境法、消費者法、個人情報保護法、税法、と様々な法律分野の法的リスク分析が必要とされます。当事務所では、販売、OEM等の取引契約をはじめ、技術開発、ライセンスや知財戦略の立案、また、業務提携やM&A、新規事業投資、事業統合、ファイナンスなど、様々な場面において、クライアントと目標を共有しながら、あらゆる法律分野に関する専門的知識と技術の理解、豊富な経験に基づき、戦略的なプランニングから契約書のドラフト、レビュー、交渉を行い、プロジェクトをサポートいたします。

関連する論文/セミナー等

関連するニュース