関税関連法

当事務所では、関税関連業務として、一般関税分野については、①関税評価、②関税分類(HS)、③原産地、④特恵関税制度に関して、内外の企業に対して幅広い助言を行っていますし、関税捕脱による調査対応も行っております。

他方、特種関税である、不当廉売関税、補助金相殺関税、緊急関税、報復関税に関する業務については、別途、当該分野の説明をご覧ください。

なお、関税については、旧GATT、WTOのラウンド交渉や、EPA・FTA・TPPといった自由貿易協定の交渉を通じて取り決めが行われてきました。当事務所では、こうした通商分野で、政府部内での経験も有する専門家が、本邦では類例のない専門サービスを提供しています。WTO関係業務については、別途の説明をご覧ください。

関連する論文/セミナー等

関連するニュース