国際取引全般

当事務所は、故西村利郎弁護士による創設以来、一貫して、クロスボーダーの取引案件を多数取り扱っており、こうしたクロスボーダーの取引及び紛争全般に関するアドバイスは当事務所の伝統を形成しています。

個別に説明する以外の国際関係法務の業務内容は、以下のようなものからなっており、当事務所では、日本企業および外国企業を多数代理しています。

 

  • 直接投資規制対応
  • 販売代理店契約
  • フランチャイズ契約
  • 技術ライセンス契約
  • 合弁・株主間契約

 

また、この種の案件を行うのに必要な、内外の外為法・労働法・不動産法・競争法・通商法に関する経験も蓄積しています。

当事務所ではインバウンド取引およびアウトバウンド取引のいずれも扱っていますが、近時は、日本企業の海外進出に伴い、アウトバウンド案件を取り扱う機会も増えています。このため、進出の多いアジア各国には拠点網を拡充したほか、現地資格弁護士が多数勤務しています。また、インド・中近東・アフリカ・中南米についても現地勤務経験のある弁護士が、緊密な関係にある現地弁護士と協働して的確なアドバイスをしています。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター

関連するニュース