消費者団体関連

2007年に施行された消費者契約法の改正により適格消費者団体による団体訴権制度が導入され、適格消費者団体は、消費者被害情報の収集の上、事業者に是正の申し入れを行うなど、事業者と裁判外の交渉を行うと共に、同法により認められた差止請求権に基づき差止請求訴訟を提起するなどしています。このような場合、事業者側も、消費者契約法及び景品表示法にかかる綿密な分析を行った上で、適格消費者団体側に回答、対応していく必要があります。当事務所では、消費者契約法景品表示法製造物責任/製品安全/リコール対応消費者訴訟(消費者集合訴訟等)の項目にある通り、消費者法制に関する専門的な知識と豊富な経験により、必要な各種対応への助言等を行っております。

関連する論文/セミナー等

関連するニュース