中国

中国プラクティスチームでは、日中間の様々な法律問題について、高品質のリーガルサービスを日本語、中国語、英語等により提供しています。

取扱業務は、日中間の各種国際取引、日本企業による中国進出、現地法人に対する各種サポート、M&A、知的財産権、独占禁止法、ファイナンス、事業再生、紛争等、幅広い分野に及びます。

また、中国企業を含む中華圏の投資家による対日投資(買収を含む。)といった案件についても、中国企業を含む中華圏の投資家や日本企業に対して、日本法・中国法その他所在国・地域の関連法律に関する総合的なアドバイスを提供しています。

現在、中国プラクティスチームには約10名の日本語・中国語に堪能な弁護士、中国律師が所属しており、また、北京事務所と上海事務所にもそれぞれ日本人弁護士2名が常駐しています。これら中国関連に精通したメンバーが、必要に応じ、当事務所の各分野に精通した弁護士と連携し、また中国を中心とするトップクラスの法律事務所と協力しながら、内外のクライアントのニーズに応じたきめ細かいリーガルサービスを提供していきます。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター

関連するニュース