破産

山一證券、そごうグループ9社を初めとして、当事務所では多くの弁護士が、裁判所に選任されて、破産管財人として管財業務を行っています。また、このような経験を活かして、債権回収に対するアドバイス、破産の申立代理人としての業務、債権者・取引先側としての破産管財人との交渉・争訟等も行っています。

取引先が破産しそうだが、どのように対応したらいいか、子会社を清算したいが、破産手続を利用した場合の影響はどのようなものがあるか、この取引をした場合に関係者が破産するとどのような影響が生じるか、管財人から否認権の行使を主張されたが、どう交渉すべきか、破産手続を利用して事業譲渡を行うことは可能か等々、破産に関連する様々な問題に対して、豊富な実務経験に裏打ちされた適切なリーガルサービスを提供しています。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター

関連するニュース