裁判外紛争処理(仲裁、調停、その他ADR手続)

近年、法的紛争が増加する中で、紛争の内容・性質等に鑑み、柔軟で手軽な紛争処理の方法として、各分野の専門家による裁判外紛争処理(ADR)が注目されています。当事務所では、日本商事仲裁協会(JCAA)や国際商業会議所(ICC)等における国際的紛争の調停について多数の実績を有することに加え、証券・金融商品あっせん相談センター、住宅紛争処理支援センター、各種PLセンター、消費生活センター等の専門分野に特化した機関における裁判外紛争処理についても実績を重ねております。日本商事仲裁協会における国際商事調停規則に基づく第1号案件は、当事務所の弁護士が担当したものです。

関連する論文/セミナー等

関連するニュース