下請法

中小企業保護の観点から日本においては下請法が積極的に執行されています。下請法の規律は形式的な側面が多く、企業としては違法性の認識がなく違反を惹起するおそれが多いこともあり、日頃の取引においてコンプライアンスを意識しておくことが重要になります。当事務所では、豊富なコンプライアンス、企業危機管理の経験を活かし、下請法について、適用範囲、具体的な行為規制の内容をふまえ、会社毎に効果的なコンプライアンスマニュアルを作成し、研修等を行う等しております。

また、万一下請法違反の疑いが生じた際には、下請業者への適切な対応を行うとともに、取引の経済合理性を明らかにし、悪質性が認められないことについて効果的な議論を構築し、当局との折衝を有利に進めるよう助言を行う他、違反事実が確認される場合には、公正取引委員会に自主申告を行うことで、行政処分を回避するするなどしております。

関連する論文/セミナー等

関連するニューズレター