ニュース

2014年九州大学法政学会シンポジウム「Social Capital, Networks, Law」

お知らせ
弁護士等
寺本振透大井悠紀
掲載
2014年02月03日
業務分野
通信・放送法

2014年2月10日(月)に、九州大学法政学会主催の2014年九州大学法政学会シンポジウム「Social Capital, Networks, Law」において寺本振透弁護士(九州大学大学院法学研究院教授)が「What makes medical records safe in the cloud?」と題する講演を、大井悠紀弁護士が「Legal Framework and Practice of Outside Directors (shagai-torishimariyaku) in Japan」と題する講演をそれぞれ行います。