ニュース

マーク・チューダー外国法事務弁護士および紺野博靖弁護士は、欧州の競争法および日本の公正取引委員会が発表した「液化天然ガスの取引実態に関する調査報告書」の考え方に沿った「LNG売買契約のモデル仕向地変更条項」を作成するプロジェクトにおいて、Kim Talus教授を支援する法律専門家の国際チームに参加しました。

お知らせ
弁護士等
マーク・チューダー紺野博靖
掲載
2018年10月22日
業務分野
資源/エネルギー

マーク・チューダー外国法事務弁護士および紺野博靖弁護士は、欧州の競争法および日本の公正取引委員会が発表した「液化天然ガスの取引実態に関する調査報告書」の考え方に沿った「LNG売買契約のモデル仕向地変更条項」を作成するプロジェクトにおいて、Kim Talus教授を支援する法律専門家の国際チームに参加しました。
このドラフト作成プロジェクトは、経済産業省と欧州委員会とのLNG協力に関する覚書に基づくものです。