北米ビジネス (2018年10月19日 ニューヨーク事務所開設)

米国は、日本企業の重要な活動拠点であり、「モノ」の貿易にとどまらず「サービス」貿易・資本取引の点でも全世界で最も重要な市場であり続けています。

 

西村あさひ法律事務所は、今後ますます増大する北米・中南米地域におけるリーガルサービスへの需要を受け、2018年にニューヨークに現地事務所を開設いたしました。

 

当事務所は、これまでも当事務所所属の米国弁護士を活用するとともに、ニューヨークほか米国主要都市の法律事務所のみならず、全米各州の法律事務所との間で構築した緊密なネットワークを活用し、米国内での取引、訴訟・紛争および規制当局対応案件などを多数取り扱って参りました。とりわけ、日本企業による米国企業の買収案件・提携案件では多くの実績を挙げているほか、米国市場での金融取引案件も幅広く扱っています。

 

今後は当事務所ニューヨーク事務所所属の弁護士を中心に、案件に応じて西村あさひ法律事務所の各分野の専門家および外部の法律事務所と協働し、日系企業の米国への進出・展開、撤退も含め、M&A、訴訟・紛争、ファイナンス、ジェネラル・コーポレート、規制当局対応、危機管理、倒産、税務等様々な分野でクライアントの要望に応じた最大限のサポートを提供して参ります。

 

また、カナダは日本への重要な資源・食料等の供給国であるのみならず、日本企業の製品の輸出先、投資先としての地位を占め続けています。当事務所では、カナダについても主要都市や各州の法律事務所との間で構築しているネットワークをいかし、企業買収、民事訴訟や競争当局による調査対応、通商紛争など、幅広い分野でカナダ関連のリーガルサービスを提供しています。

セミナー

論文

書籍

弁護士等