中南米ビジネス (2018年10月19日 ニューヨーク事務所開設)

中南米は、古くから資源・エネルギーや食料等の調達先として、また巨大な市場として、さらには北米ビジネスの拠点の一部として、多くの日本企業の注目を集めてきました。国によっては政情や治安等に大きな課題を残しているものの、中長期的に見れば、中南米諸国のさらなる経済成長や市場開放政策が期待される状況にあり、これらを背景に日本企業の中南米進出および中南米事業に対する関心はますます高まることが予想されます。

 

西村あさひ法律事務所は、今後ますます増加する北米・中南米地域における需要を受け、2018年秋にニューヨークに現地事務所を開設いたしました。

 

当事務所では、これまでも中南米プラクティス・チームを中心に、日本企業の中南米における事業展開をご支援してきました。当事務所は、中南米各国の多くの有力法律事務所との間で人材交流も含めた強固な関係を構築しているほか、Lex Mundi等の国際的な法律事務所ネットワークに所属するとともに同ネットワークで活発に活動し、ネットワーク所属の中南米各国の法律事務所とも緊密な関係を有しております。また、当事務所が長年培ってきた情報収集のノウハウおよびこれらの関係を活かし、すでに多くの日本企業が進出している国はもちろんのこと、今後日本企業の注目を集めるであろう国々についても積極的な情報収集に努めております。

 

今後はニューヨーク事務所(Nishimura & Asahi LLP)においても、中南米の法律事務所に駐在経験のある弁護士を含め、中南米の案件に豊富な経験を有するメンバーが、中南米所在の日系企業および中南米各国の法律事務所と距離および時間的に近接する環境に駐在して、サポートをしてまいります。

 

このように、当事務所においては、中南米の法律事務所に駐在経験のある弁護士を含めた中南米プラクティス・チームのメンバーが、国内外の専門家と連携しつつ、中南米において事業活動を行う日本企業をサポートする体制を整えております。また雑誌への寄稿やニューズレターの発行等の形で、日本企業の皆様に対する中南米法務に関する情報提供も積極的に行っております。

 

セミナー

弁護士等