イランビジネス

2015年7月の主要6ヵ国とイランとの間の核合意に基づき、2016年1月、米国や欧州を初めとする各国のイランに対する経済制裁が大幅に緩和されました。制裁緩和後、欧州やアジアを中心とする各国企業がイランビジネスへの参入を公表しています。他方、米国は、核開発以外を理由としてイランへの制裁を継続しており、イランビジネスに重要な影響を与えています。当事務所は、米国やイランの法律事務所と協働しつつ、日本、米国、イラン等の各国法令に加えて、欧米諸国や日本政府の対イラン政策、イラン現地の最新情勢などを総合的に分析した上で実務的な助言を提供しています。

弁護士等