案件実績

旧日本コマーシャル投資法人とユナイテッドアーバン投資法人の合併に伴う投資口買取請求に係る買取価格決定申立事件

旧日本コマーシャル投資法人(NCI:消滅法人)とユナイテッドアーバン投資法人(UUR:存続法人)との吸収合併に係る、旧NCI投資主からの投資口買取請求権行使に伴う投資口買取価格決定申立事件において、太田洋弁護士、弘中聡浩弁護士、上野元弁護士、山本憲光弁護士、石川智也弁護士、野澤大和弁護士および黒松昂蔵弁護士はUUR側を代理しておりましたが、2013年3月29日、東京高等裁判所は、旧NCI投資主の主張を全面的に斥け、UUR側が主張する価格を買取価格とする決定(確定)を下しました。