特許法

書籍

弁護士等
中山信弘(著者)
出版社等
弘文堂
4,200円(税別)
発行
2010年08月20日
業務分野
知的財産取引

中山信弘弁護士が執筆した『特許法』が、2010年8月20日に弘文堂より刊行されます。

『工業所有権法(上)特許法<第二版増補版>』(2000年4月刊)を『特許法』に書名変更し、全面改訂したものです。

主要目次
第1編 総論
第1章 序章
第1節 工業所有権法の意義
第2節 上位概念としての知的財産法
第3節 工業所有権の国際化
第4節 国家戦略としての知的財産制度
第5節 工業所有権法と他の法分野
第2章 工業所有権法の沿革

第2編 新規な創作物に関する権利
第1章 特許権
第1節 権利の発生
第2節 権利取得の手続
第3節 審判・再審・判定
第4節 審決等取消訴訟
第5節 特許庁長官等の処分に対する取消争訟
第6節 特許権の性質
第7節 特許権の効力
第8節 侵害
第9節 取引の対象としての特許権
第10節 権利に伴う義務
第11節 特許権の存続期間と消滅
第12節 刑事罰

【事項索引・判例索引】

関連する書籍