弁護士等

ドミニク・クルーゼDominik Kruse

パートナー

フランクフルト / デュッセルドルフ | フランクフルト&デュッセルドルフ事務所 共同代表、ドイツパートナー*

English 中文(简体) 中文(繁體)

お問い合わせ

フランクフルト&デュッセルドルフ事務所の共同代表を務める。日本企業のコーポレートおよびクロスボーダーM&A案件の他、欧州企業の東南アジア(特にインドネシア、タイ、ベトナム)への事業進出についても助言を行っている。国際経験に富み、新興市場と成熟市場との異文化間の取引決定においても独自の洞察を提供している。
クリフォードチャンス(デュッセルドルフ、ニューヨーク)、ファイザー株式会社(ニューヨーク)の企業内弁護士として数多くのクロスボーダー案件に関与。

トピックス

2020年07月

欧州司法裁判所によるSchrems II事件判決と越境データ移転実務への影響

セミナー

2020年04月

Germany: Executive and Legislative actions in response to the COVID-19 outbreak (As of April 1, 2020)

論文

2020年04月

ドイツ:コロナウィルス感染症の流行に対応した行政措置および立法措置 (2020年4月3日号)

ニューズレター

学歴

2005年
University of Bonn (First State Examination)
2008年
Georgetown University (LL.M)
2010年
University of Bonn (Ph.D)

経歴

2011年 - 2014年
Clifford Chance法律事務所 (デュッセルドルフ)
2014年 - 2017年
Clifford Chance法律事務所 (ニューヨーク)
2017年 - 2019年
Pfizer Inc. (ニューヨーク)
2019年 - 2020年
東京事務所勤務
2020年 -
フランクフルト&デュッセルドルフ事務所 共同代表