弁護士等

長年にわたり中国法務を専門とし、大手メーカー、金融機関、総合商社等の依頼にかかる対中投資、中国関連のM&A、企業再編・撤退、知的財産権、労働、訴訟・紛争案件、及び中国企業の対日投資案件で豊富な実績を有する。中国滞在は6年以上に及び、ネイティブレベルの中国語を駆使して、多国籍クロスボーダー型案件を多数手掛ける。中国法務・知財分野の執筆論文・講演は多数に上る。

トピックス

2020年08月

中華人民共和国「民法典」で新設された人格権 - 肖像権、セクシャルハラスメント、プライバシー・個人情報 - (2020年8月19日号)

ニューズレター

2020年07月

新型コロナウイルス性肺炎感染症流行に関わる民事事件の審理についての指導意見(三)(2020年7月14日号)

ニューズレター

2020年06月

中国法人のリストラクチャリングを考える - 中国の整理解雇にあたる「人員裁減」制度はいかに活用できるか - (2020年6月24日号)

ニューズレター

学歴

1988年
早稲田大学法学部(LL.B.)
2005年
対外経済貿易大学(北京)

経歴

1998年 - 2001年
法律事務所勤務
2001年 - 2005年
西村総合法律事務所
2005年 - 2010年
Freshfields Bruckhaus Deringer LLP (上海・東京)
2012年 - 2014年
東京理科大学大学院イノベーション研究科 客員教授(中国知財戦略)
2014年 -
上海事務所 代表

主な案件実績

 
個別にお問い合わせください。