弁護士等

宇野伸太郎Shintaro Uno

パートナー

シンガポール | シンガポール事務所共同代表

English 中文(简体) 中文(繁體)

言語
日本語   英語   
主な業務分野
一般民事訴訟国際訴訟(クロスボーダー訴訟、外国訴訟)国際税務WTO/経済連携協定(TPP、EPA、FTA)国際取引全般資源/エネルギーシンガポールマレーシアインドネシアタイベトナム/メコン地域ミャンマーその他アジア
資格/登録
第一東京弁護士会(2003年登録)
ニューヨーク州(2011年登録)
シンガポール外国法弁護士(2014年登録)

(1)国際建設・インフラ・EPCプロジェクトの紛争対応、リスク分析や契約作成、および、(2)インドネシア、シンガポール、マレーシア、ベトナム、フィリピン、インドなどのアジア各国における紛争・危機管理案件を2つの柱として取り組んでいます。

東南アジア駐在9年のなかで多数の複雑難解な案件を担当し、現地の実態を踏まえたリスク分析と対応策をアドバイスします。

国際建設分野では、Legal 500 Asia Pacific 2020にてReal Estate and Construction分野のLeading Individualに選出されました。国際建設契約の約款であるFIDICに精通しており、FIDICの各ブックのセミナーを頻繁に実施しています。

トピックス

2020年01月

Top Tier in The Legal 500 Asia Pacific 2020

受賞

2019年12月

EPC契約の詳説~基礎編

セミナー

2019年11月

アジアでFIDICを使用する上での頻出問題点とFit For Purpose

セミナー

学歴

2002年
東京大学法学部第一類 (LL.B.)
2010年
School of Law, University of California, Berkeley (LL.M.)

経歴

2010年 - 2011年
Shearman & Sterling LLP (サンフランシスコ)
2011年 - 2013年
清水建設株式会社 国際支店(シンガポール)
2014年 -
英国仲裁人協会フェロー(FCIArb)
2014年 -
Certified adjudicator of the Kuala Lumpur Regional Centre for Arbitration (KLRCA)
2014年 -
シンガポール事務所勤務
2014年 -
シンガポール仲裁人協会フェロー(FSIArb)
2015年 -
インドネシア仲裁委員会 Indonesia National Board of Arbitration (BANI) 仲裁人
2015年 -
クアラルンプール仲裁センター the Kuala Lumpur Regional Centre for Arbitration (KLRCA) 仲裁人
2016年 -
シンガポール事務所共同代表

主な案件実績

2006年 - 2007年

鋼鉄製橋梁に関する入札談合被疑事件