弁護士等

証券化、ストラクチャード・ファイナンスその他の金融取引および信託取引と各種の金融規制を専門とする。

金融取引については、アレンジャー、オリジネーターあるいは信託受託者のカウンセルとして、金銭債権を中心に多様なアセットクラスの証券化取引に関与した経験を有しており、国内初となったものも含む様々なスキームのストラクチャード・ファイナンス案件を手がけている。また、定型的な信託取引についてのアドバイスを行うだけでなく、新規信託商品の開発や、信託を用いた複雑なスキームの組成に関与した経験も多く有する。

さらに、金融分野での弁護士業務を通じて見識を得ていることに加えて、金融庁総務企画局企業開示課に所属し、金融規制の企画立案に携わった経験を有しているため、各種の金融規制にも精通しており、多くの銀行、信託銀行、証券会社、保険会社、ノンバンクその他の金融機関に対して金融規制についてのアドバイスを行っているほか、新類型の取引や商品と金融規制の適用に関するアドバイスを行うことも多い。

また、法制度や金融実務等に関する執筆、講演を多数行っており、各種の研究会、ワーキンググループ等に参加することも多く、金融法制に関するオピニオンリーダーの一人として認知されている。

トピックス

2019年05月

改正民法と契約実務

セミナー

2019年05月

Financial Times Asia-Pacific Innovative Lawyer Awards 2019

受賞

2019年05月

根保証に関する解説

セミナー

学歴

2001年
東京大学法学部第一類卒業

経歴

2009年 -
金融法委員会 委員
2010年 - 2011年
金融庁総務企画局企業開示課出向
2013年 -
京都大学法科大学院 非常勤講師
2013年 -
日本証券業協会「JSDAキャピタルマーケットフォーラム」 専門委員
2013年 - 2014年
日本証券業協会「非上場株式の取引制度等に関するワーキング・グループ」 委員
2014年 - 2016年
新生債権回収&コンサルティング株式会社 取締役
2018年 -
武蔵野大学大学院法学研究科 特任教授
2018年 - 2019年
日本証券業協会「株主コミュニティ制度に関する懇談会」 委員