弁護士等

一場和之Kazuyuki Ichiba

カウンセル

東京

English 中文(简体) 中文(繁體)

  • 03-6250-6247
言語
日本語   英語   
主な業務分野
裁判外紛争処理(仲裁、調停、その他ADR手続)国際訴訟(クロスボーダー訴訟、外国訴訟)国際仲裁資源/エネルギー
資格/登録
第一東京弁護士会(2000年登録)
ニューヨーク州(2007年登録)

社会をより良くするために法律の分野でお役に立ちたいと考えております。その手段として、複雑・大規模な紛争の解決について、積極的に取り組んでいます。
主に取扱うのは、国際的な要素のある紛争、金融・建設・資源エネルギー等の分野の紛争です。取扱う紛争解決手続としては、訴訟・仲裁・調停があります。具体的には、日本の裁判所における民事訴訟・調停のほか、国際仲裁・調停や、外国の裁判所で日本企業が当事者となっている訴訟に、外国の法律事務所とも協力して対応することなどがあります。また、紛争解決の過程において関連する行政・刑事事件に対応することもあります。幸いにも法的手続に至る前に交渉で解決する紛争もあれば、解決までに長期間を要する紛争もあります。
紛争解決の目的・目標を確認し、お客様と一緒に悩みながら解決に向けて努力していくのが弊職のやり方になります。そのようなやり方に共感していただけるお客様と一緒にお仕事ができればと存じます。

経歴としましては、2000年に弁護士登録をした後、2005年から2007年にかけて、テキサス大学で石油・ガス法、クラス・アクション、ホワイトカラー・クライム等の勉強をしたほか、パリのICC仲裁裁判所及びワシントンDCのArnold & Porter法律事務所で研修をさせていただきました。
また、日本商事仲裁協会(JCAA)の商事仲裁規則の2014年改正に関与させていただきました。

公益活動として、現在、金融ADR・国際家事ADRの分野を中心に、第一東京弁護士会仲裁センターの活動に関与させていただいております。

トピックス

2018年07月

エネルギー法実務要説

書籍

2013年10月

エネルギー投資仲裁・実例研究 - ISDSの実際

書籍

2013年07月

知的財産法概説<第5版>

書籍

学歴

1999年
東京大学法学部第一類 (LL.B.)
2006年
The University of Texas at Austin, School of Law (LL.M.)

経歴

2006年
ICC国際仲裁裁判所
2006年 - 2007年
Arnold & Porter LLP (ワシントンD.C.)