弁護士等

キャピタルマーケットを中心とするファイナンス全般及び金融証券規制を専門分野とするパートナーであり、2010年に行われた第一生命保険株式会社のGlobal IPO等を担当しています。

業務分野の広さを一つの特徴としており、金融証券規制やファイナンスを切り口として、金融商品に関する様々な紛争案件(特に国際紛争案件)の他、M&A(近時では、シティによる、国内リテールバンク事業及び国内クレジットカード事業の売却など)やあおぞら銀行の2013年における資本再構成案件等、クロスボーダー案件を中心に、様々な重要案件を手掛けています。2015年には、前年に行われたサントリーホールディングスによる米国Beam社の買収案件について、FinanceAsiaが主催するJapan Achievement Awards 2014/2015においてDeal of the Yearを受賞、またALBが主催するJapan Law Awards 2015においてJapan Deal of the Yearを受賞しました。

また、租税法分野における実務も多く手掛け、M&A、ファイナンス案件に関するタックスプランニングの他、税務調査対応等を行っており、2010年に納税者完全勝訴によって終結した我が国損保会社の再保険契約に関する税務訴訟を担当しています。

ファイナンス分野及び租税法分野における理論面での活動も活発であり、2013年には経済産業省の「タックスヘイブン対策税制及び無形資産の取扱いに関する研究会」の委員を務めた他、2010年から2013年まで東京大学法科大学院において税法分野の科目を中心として教鞭を執りました。この他、執筆として、『ファイナンス法大全』(共著、商事法務)、『Comparative Income Taxation』(共著、KULVBR LAW INTERNATIONAL)、「株式発行価額の検証」(共著、有斐閣)などがあります。

トピックス

2019年04月

Best Lawyers - 2020 edition

受賞

2019年02月

M&A法大全(上)(下)[全訂版]

書籍

2018年12月

租税法概説(第3版)

書籍

学歴

1992年
東京大学法学部第一類 (LL.B.)
2001年
Harvard Law School (LL.M.)

経歴

2001年 - 2002年
Sullivan & Cromwell LLP (ニューヨーク)
2010年 - 2013年
東京大学大学院法学政治学研究科 客員准教授
2013年
経済産業省「タックスヘイブン対策税制及び無形資産に関する研究会」委員
2014年 -
慶應義塾大学法科大学院 非常勤講師