論文

組合員層に残業削減を指示し、非組合員層に残業させた場合、不当労働行為となるか

論文
弁護士等
塚本健夫
掲載誌
労政時報3982号(2019年11月8日号)
出版社等
労務行政
掲載
2019年11月
業務分野
労働争訟労働法アドバイス

塚本健夫弁護士が執筆した「相談室Q&A[労働組合関係]組合員層に残業削減を指示し、非組合員層に残業させた場合、不当労働行為となるか」が、労政時報3982号(2019年11月8日号)に掲載されました。

関連する論文