西村あさひ法律事務所

東京事務所 名古屋事務所 大阪事務所 福岡事務所 バンコク事務所 北京事務所 上海事務所 ハノイ事務所 ホーチミン事務所 ジャカルタ事務所* シンガポール事務所 ヤンゴン事務所 Okada Law Firm

ユーティリティ

トピックス

トピックス一覧

  • 最新の10件
  • 論文/書籍
  • セミナー
  • メディア出演
  • ニュース

最新の10件

2016年4月[セミナー]
太田洋弁護士および柴田寛子弁護士が、2016年7月4日(月)に、一般社団法人 中部生産性本部主催の「2016年度企業法務研究部会」において、「改正個人情報保護法への実務対応~個人情報管理・ビッグデータビジネスへの影響~」と題する講演を行います。
2016年4月[論文/書籍]
齋藤梓弁護士が執筆した「チリにおける紛争解決手段~チリ進出企業が知っておくべき司法制度の概要~」が、商事法務ポータルに掲載されました。
2016年4月[ニュース]
女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画
2016年4月[論文/書籍]
米谷三以弁護士および藤井康次郎弁護士が執筆した「TPPと政府・企業法務[第4回] 貿易円滑化、輸出入ライセンス」と題する論文が、NBL No.1071(2016年4月1日号)に掲載されました。
2016年4月[セミナー]
山本憲光弁護士が2016年5月27日(金)に経営調査研究会主催のセミナーにおいて「内部通報制度と運用上の留意点~これだけは押さえておきたい、担当者のための必須ポイント~」と題する講演を行います。
2016年4月[論文/書籍]
武井一浩弁護士と石﨑泰哲弁護士が共同執筆した「上場企業法制における企業の中期的利益とショートターミズムとの調整(下) - 最近の欧米の議論の諸相から - 」と題する論文が、旬刊商事法務No.2098(2016年4月15日号)に掲載されました。
2016年4月[ニューズレター]
中国ニューズレター (2016年4月) 日中合弁事業の最新実務状況 - 内販強化に向けた中国企業との連携戦略 -
2016年4月[論文/書籍]
山本啓太弁護士が共同執筆した『保険業務のコンプライアンス[第3版]』が、金融財政事情研究会より刊行されました。
2016年4月[論文/書籍]
有吉尚哉弁護士が執筆した「マイナス金利の契約実務への影響」が、朝日新聞社Website「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」の「西村あさひのリーガル・アウトルック」に掲載されました。
2016年4月[論文/書籍]
『イランビジネス法ガイド』のお知らせ

論文/書籍

2016年4月[論文]
齋藤梓弁護士が執筆した「チリにおける紛争解決手段~チリ進出企業が知っておくべき司法制度の概要~」が、商事法務ポータルに掲載されました。
2016年4月[論文]
米谷三以弁護士および藤井康次郎弁護士が執筆した「TPPと政府・企業法務[第4回] 貿易円滑化、輸出入ライセンス」と題する論文が、NBL No.1071(2016年4月1日号)に掲載されました。
2016年4月[論文]
武井一浩弁護士と石﨑泰哲弁護士が共同執筆した「上場企業法制における企業の中期的利益とショートターミズムとの調整(下) - 最近の欧米の議論の諸相から - 」と題する論文が、旬刊商事法務No.2098(2016年4月15日号)に掲載されました。
2016年4月[書籍]
山本啓太弁護士が共同執筆した『保険業務のコンプライアンス[第3版]』が、金融財政事情研究会より刊行されました。
2016年4月[論文]
有吉尚哉弁護士が執筆した「マイナス金利の契約実務への影響」が、朝日新聞社Website「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」の「西村あさひのリーガル・アウトルック」に掲載されました。
2016年4月[書籍]
『イランビジネス法ガイド』のお知らせ
2016年4月[論文]
齋藤梓弁護士が執筆した「メキシコにおける紛争解決手段~メキシコ進出企業が知っておくべき司法制度の概要~」が、商事法務ポータルに掲載されました。
2016年4月[書籍]
松尾直彦弁護士が執筆した『金融商品取引法 [第4版]』が、株式会社商事法務より刊行されました。
2016年4月[論文]
武井一浩弁護士と石﨑泰哲弁護士が共同執筆した「上場企業法制における企業の中期的利益とショートターミズムとの調整(上) - 最近の欧米の議論の諸相から - 」と題する論文が、旬刊商事法務No.2097(2016年4月5日号)に掲載されました。
2016年4月[論文]
齋藤梓弁護士が執筆した「ブラジルにおける紛争解決手段~ブラジル進出企業が知っておくべき司法制度の概要~」が、商事法務ポータルに掲載されました。

セミナー

2016年4月
太田洋弁護士および柴田寛子弁護士が、2016年7月4日(月)に、一般社団法人 中部生産性本部主催の「2016年度企業法務研究部会」において、「改正個人情報保護法への実務対応~個人情報管理・ビッグデータビジネスへの影響~」と題する講演を行います。
2016年4月
山本憲光弁護士が2016年5月27日(金)に経営調査研究会主催のセミナーにおいて「内部通報制度と運用上の留意点~これだけは押さえておきたい、担当者のための必須ポイント~」と題する講演を行います。
2016年4月
森本大介弁護士が2016年4月18日(月)に、一般社団法人企業研究会主催のセミナーにおいて「グループ会社管理をめぐる法的留意点と実務対応」と題する講演を行いました。
2016年4月
小口光弁護士、小原英志弁護士、武藤司郎弁護士、湯川雄介弁護士、吉本祐介弁護士および岡田早織弁護士が2016年3月30日(水)に、一般社団法人企業研究会の開設48周年記念企画「アジア法務の現場から~アジア5カ国の最新トピックス」と題する講演を行いました。
2016年4月
新家寛弁護士が2016年4月16日(土)に、明治大学経営学部公開講座「社会的投資フォーラム2016」において、「日本における社会的インパクト投資(SIB)の可能性」と題する報告に報告者として参加いたします。
2016年4月
紺野博靖弁護士および大槻由昭弁護士が2016年6月2日(木)に、石油鉱業連盟主催の第43回石油・天然ガス開発基礎講座において「石油天然ガス契約及びLNG売買契約について」と題する講演を行います。
2016年4月
柴原多弁護士が2016年4月20日(水)に、金融ファクシミリ新聞社セミナーにおいて「中国経済の悪化により日系現地子会社を再建、撤退する際の留意点 - 実際のケーススタディーを通じて - 」と題する講演を行います。
2016年4月
川合弘造弁護士が、4月22日に公正取引委員会競争政策研究センター(CPRC)において、課徴金減免制度導入後の10年の成果と今後の在り方に関する講演を行います。
2016年4月
南賢一弁護士が2016年3月28日(月)に東京三弁護士会倒産法部主催の「2015年度 東京三弁護士会倒産法部 合同シンポジウム『倒産とM&A』」と題する講演にパネリストとして参加しました。
2016年4月
【東京・大阪開催】「欧州での戦略的拠点・スイスでのM&A (Strategic location in Europe - M&A in Switzerland)」のお知らせ

メディア出演

2016年4月[新聞]
2016年4月5日付建設産業新聞1面の 「海建協 人材育成支援講座 受講者数上向き推移 海外展開需要に対応」と題する記事に、宇野伸太郎弁護士のコメントが掲載されました。
2016年4月[新聞]
2016年4月4日付日本経済新聞朝刊15面の「監査役会、自前で法律顧問」と題する記事において、太田洋弁護士が横河電機株式会社の監査役会と顧問契約を締結していることが紹介されました。
2016年4月[新聞]
2016年3月28日付日経産業新聞朝刊20面「仮想通貨 利用者保護急ぐ 改正資金決済法案、取引所は登録制に」と題する記事に、芝章浩弁護士のインタビューが掲載されました。
2016年3月[新聞]
2016年3月7日付日本経済新聞朝刊17面の「グループ戦略『税』の逆風 企業に不利な判決相次ぐ 租税回避の認定厳しく」と題する記事に、太田洋弁護士のコメントが引用されました。
2016年3月[新聞]
太田洋弁護士が審査委員を務めた「日本取締役協会コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015」の表彰式(2016年2月2日開催)の模様が、2016年2月26日付フジサンケイビジネスアイ19-22面に掲載されました。
2016年3月[新聞]
2016年2月28日付の毎日新聞朝刊30面の「自白の任意・信用性争点」と題する記事に、平尾覚弁護士のコメントが掲載されました。
2016年3月[新聞]
2016年2月20日付日本経済新聞朝刊2面の「FX式売買、対応後回し - ビットコイン規制、法制化大詰め(真相深層)」と題する記事に、芝章浩弁護士のコメントが掲載されました。
2016年2月[新聞]
2016年2月12日付日経産業新聞の「不当廉売、度合い・期間 調査」(ビジネスQ&A)と題する記事に、藤井康次郎弁護士のインタビューが掲載されました。
2016年2月[新聞]
2016年1月26日付日本経済新聞電子版の「新日鉄住金・東京エレク……弁護士、独禁法に挑む」と題する記事に中山龍太郎弁護士のインタビューが掲載されました。
2016年2月[雑誌]
日経ビジネス2016年1月25日号の記事「シェアリング規制案、米国勢が猛反発」に、藤井康次郎弁護士のコメントが掲載されました。