西村あさひ法律事務所

東京事務所 名古屋事務所 大阪事務所 福岡事務所 バンコク事務所 北京事務所 上海事務所 ハノイ事務所 ホーチミン事務所 ジャカルタ事務所* シンガポール事務所 ヤンゴン事務所

ユーティリティ

トピックス

トピックス一覧

  • 最新の10件
  • 論文/書籍
  • セミナー
  • メディア出演
  • ニュース

最新の10件

2014年11月[ニューズレター]
アジアニューズレター(2014年11月) I. 海外からの借入れに関する規制の導入 - インドネシア II. インドにおける請負労働法規制 III. ベトナム破産法の改正 IV. シンガポール新会社法の成立
2014年11月[論文/書籍]
武井一浩弁護士が司会を務め、髙木弘明弁護士と中村慈美税理士が参加した座談会「M&A関連法制の動向と実務への示唆 [2014年版]~実務家が法務・会計・税務の接点を語る~」が、M&A専門誌マール2014年11月号(241号)に掲載されました。
2014年11月[論文/書籍]
福岡真之介弁護士および菅野百合弁護士が執筆した「米国クラスアクションと日本の破産手続 - Mt.Gox事件を題材として」が、NBL No.1038(2014年11月15日号)に掲載されました。
2014年11月[論文/書籍]
松嶋英機弁護士が編著者を務め、鈴木学弁護士および濱田芳貴弁護士が執筆に参加した『【専門訴訟講座8】倒産・再生訴訟』が、民事法研究会より刊行されました。
2014年11月[ニューズレター]
事業再生ニューズレター (2014年11月) インドにおけるビジネス展開とともに留意すべきインドの倒産制度
2014年11月[セミナー]
松浪信也弁護士が2014年11月26日(水)に、経営調査研究会主催のセミナーにおいて「監査等委員会設置会社への移行の検討ポイント」と題する講演を行います。
2014年11月[ニュース]
ジャカルタ事務所*開業のお知らせ
2014年11月[ニュース]
南賢一弁護士、森倫洋弁護士および柴原多弁護士が執筆に参加したジュリスト増刊『実務に効く 事業再生判例精選』が、有斐閣より刊行されました。
2014年11月[セミナー]
福岡真之介弁護士が2015年1月7日(水)に、経営調査研究会主催のセミナーにおいて「改正会社法下の監査等委員会設置会社への移行の検討と法律実務」と題する講演を行います。
2014年11月[論文/書籍]
有吉尚哉弁護士が2014年10月2日(木)に、経営法友会主催のセミナーにおいて行った講演「日本版スチュワードシップ・コードの企業実務への影響」の講演録が、経営法友会リポートNo.489(2014年11月号)に掲載されました。

論文/書籍

2014年11月[論文]
武井一浩弁護士が司会を務め、髙木弘明弁護士と中村慈美税理士が参加した座談会「M&A関連法制の動向と実務への示唆 [2014年版]~実務家が法務・会計・税務の接点を語る~」が、M&A専門誌マール2014年11月号(241号)に掲載されました。
2014年11月[論文]
福岡真之介弁護士および菅野百合弁護士が執筆した「米国クラスアクションと日本の破産手続 - Mt.Gox事件を題材として」が、NBL No.1038(2014年11月15日号)に掲載されました。
2014年11月[書籍]
松嶋英機弁護士が編著者を務め、鈴木学弁護士および濱田芳貴弁護士が執筆に参加した『【専門訴訟講座8】倒産・再生訴訟』が、民事法研究会より刊行されました。
2014年11月[論文]
有吉尚哉弁護士が2014年10月2日(木)に、経営法友会主催のセミナーにおいて行った講演「日本版スチュワードシップ・コードの企業実務への影響」の講演録が、経営法友会リポートNo.489(2014年11月号)に掲載されました。
2014年11月[論文]
有吉尚哉弁護士が執筆した「非上場株式取引制度に関する近時の動向と実務への影響 - 株式投資型クラウドファンディングと「投資グループ」制度の活用可能性と留意点 - 」と題する論文が、金融法務事情No.2005(2014年11月10日号)に掲載されました。
2014年11月[論文]
太田洋弁護士および髙木弘明弁護士が執筆した「コーポレートガバナンス・コード(日本取締役協会案)の解説 - 『攻めのガバナンス』に向けて - 」と題する論文が、旬刊商事法務No.2048(2014年11月15日号)に掲載されました。
2014年11月[論文]
高木弘明弁護士および辰巳郁弁護士が執筆した「平成26年改正会社法の解説〔VIII〕」と題する論文が、旬刊商事法務No.2048(2014年11月15日号)に掲載されました。
2014年11月[論文]
高木弘明弁護士および辰巳郁弁護士が執筆した「平成26年改正会社法の解説〔VII〕」と題する論文が、旬刊商事法務No.2047(2014年11月5日号)に掲載されました。
2014年11月[論文]
森本大介弁護士が執筆した「シンガポールをはじめとする海外諸国に移住した富裕層が直面する法律問題」が、朝日新聞社Website「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」の「西村あさひのリーガル・アウトルック」に掲載されました。
2014年11月[論文]
武井一浩弁護士および森田多恵子弁護士が執筆した「エンプティ・ボーティング」が、証券アナリストジャーナル2014年11月号の特集「種類株式と議決権」に掲載されました。

セミナー

2014年11月
松浪信也弁護士が2014年11月26日(水)に、経営調査研究会主催のセミナーにおいて「監査等委員会設置会社への移行の検討ポイント」と題する講演を行います。
2014年11月
福岡真之介弁護士が2015年1月7日(水)に、経営調査研究会主催のセミナーにおいて「改正会社法下の監査等委員会設置会社への移行の検討と法律実務」と題する講演を行います。
2014年11月
福岡真之介弁護士が2014年11月5日(水)に、経営調査研究会主催のセミナーにおいて「改正会社法下の監査等委員会設置会社への移行の検討と法律実務」と題する講演を行いました。
2014年11月
西村あさひ法律事務所リーガルフォーラム第62回「監査等委員会設置会社への移行の検討ポイント」のお知らせ
2014年11月
矢嶋雅子弁護士、高木弘明弁護士および森田多恵子弁護士が2014年12月11日(木)に、みずほ総合研究所主催のセミナーにおいて「『景品表示法』改正のポイントと実務上の留意点~新制度の概要から、インパクト、問題になるケースの検討、今から講ずべき対応策まで~」と題する講演を行います。
2014年11月
紋谷崇俊弁護士が2014年12月10日(水)に、ソフトウェア情報センター(SOFTIC)主催の特許セミナー「FRAND宣言必須特許権利行使を考える - 権利濫用の成否、損害賠償額の算定等 - 」において講演を行い、パネルディスカッションにも参加いたします。
2014年11月
北村導人弁護士が、2014年11月4日(火)に、信託協会主催の第12回信託オープンセミナーにおいて「事業承継における信託活用への期待」と題する講演を行いました。
2014年11月
太田洋弁護士が2015年1月9日(金)に、日本取締役協会主催のJACD Winter Seminar 2015において「わが国のコーポレートガバナンスの未来 - 監査役制度は生き残れるか」と題する講演を行います。
2014年11月
有吉尚哉弁護士が2014年10月30日(木)に、流動化・証券化協議会主催の第2回実践講座4において「流動化・証券化における自己信託の利用可能性」と題する講演を行いました。
2014年11月
有吉尚哉弁護士が2014年12月18日(木)に、SMBCコンサルティング主催のセミナーにおいて「民法改正の概要と企業の実務、法務への影響~債権管理・保全、契約実務に関連する見直しを実務視点で解説~」と題する講演を行います。

メディア出演

2014年10月[テレビ]
平尾覚弁護士が2014年10月21日放映のテレビ朝日CS「津田大介 日本にプラス+」に出演し、取り調べの全面可視化について解説いたしました。
2014年10月[新聞]
2014年10月20日付日経産業新聞20面の「汎用品避け技術で勝負を、新興国のアンチダンピング措置、どう対応」と題する記事に、川合弘造弁護士のインタビューが掲載されました。
2014年10月[新聞]
2014年9月29日付日本経済新聞朝刊15面の「経営に規範、説明責任課す 有識者会議でルール策定へ(転換期の企業統治)」と題する記事に、太田洋弁護士のコーポレートガバナンス・コードと監査等委員会設置会社に関するコメントが引用されました。
2014年9月[新聞]
産経新聞2014年9月11日1面の記事「韓国国民銀に日銀考査 東京・大阪支店 不正融資で検討」および同日付MSN産経ニュースの記事「【エコノミックX】日銀、韓国国民銀行に立ち入り調査へ 韓国金融界の"闇"は暴かれるか」に松尾直彦弁護士のコメントが掲載されました。
2014年9月[Web]
M&A情報・データサイト「MARR Online」2014年10月号(240号)に、太田洋弁護士のインタビュー「マールインタビューNo.170 国際税務から敵対的TOBまでM&Aの最前線を駆け巡る」が掲載されました。
2014年9月[Web]
2014年9月16日付ウエストロー・ジャパンのWebsite「判例コラム」に、細野敦弁護士が執筆した「詐害防止参加における請求の定立の必要性~最決平成26年7月10日を機縁として」が掲載されました。
2014年8月[新聞]
2014年8月21日付日経産業新聞朝刊13面の「矢崎総業など対策着手、独禁法違反、法令遵守強化必要に」と題する記事に、森本大介弁護士のコメントが掲載されました。
2014年8月[Web]
2014年7月23日付FINANCIAL TIMESの「Mt Gox creditors want payouts in Bitcoins」と題する記事に、福岡真之介弁護士のコメントが掲載されました。
2014年8月[新聞]
2014年7月31日付日本経済新聞22面の「漏洩情報、返還請求に壁 企業、被害食い止めるには」と題する記事に、梅林啓弁護士のインタビューが掲載されました。
2014年8月[新聞]
2014年7月18日付日経産業新聞18面の「弁護士梅林啓氏 - 自動車の製造責任、複雑に 部品欠陥のリコール、訴訟に発展も」と題する記事に、梅林啓弁護士のインタビューが掲載されました。

ニュース

2014年11月[ニューズレター]
アジアニューズレター(2014年11月) I. 海外からの借入れに関する規制の導入 - インドネシア II. インドにおける請負労働法規制 III. ベトナム破産法の改正 IV. シンガポール新会社法の成立
2014年11月[ニューズレター]
事業再生ニューズレター (2014年11月) インドにおけるビジネス展開とともに留意すべきインドの倒産制度
2014年11月[その他]
ジャカルタ事務所*開業のお知らせ
2014年11月[その他]
南賢一弁護士、森倫洋弁護士および柴原多弁護士が執筆に参加したジュリスト増刊『実務に効く 事業再生判例精選』が、有斐閣より刊行されました。
2014年11月[受賞]
Asialaw Profiles 2015 - The Guide to Asia-Pacific's Leading Domestic Law Firmsにおいて、当事務所は高い評価を受けました。
2014年11月[ニューズレター]
M&Aニューズレター(2014年11月) I. 中国の企業結合審査における簡易手続 II. 近時のM&A 契約における交渉上の典型論点~サンドバッギング条項について
2014年11月[受賞]
IFLR 1000 FINANCIAL AND CORPORATE 2015において、当事務所は高い評価を受けました。
2014年10月[ニューズレター]
中国ニューズレター (2014年10月) 中国における医療業界への外資進出に関する最新動向と実務的留意点 - 日系医療機関にも独資病院設立のチャンス到来か -
2014年10月[受賞]
Best Lawyersにより、当事務所の弁護士が各分野で高い評価を受けました。
2014年10月[受賞]
International Tax Reviewが発行するWorld Tax 2015において、当事務所が日本のLeading Firm (Tier 2)に選ばれました。